引越しで手続きが必要になるものは・・・

引越しで手続きが必要になるものは・・・

引越しするときには、公共機関での手続き、ライフラインの手続きをしなければいけません。
公共機関での手続きは、まず、市町村役場で転出届を申請し、転出証明書を発行します。転出14日前から可能です。
引越しが完了したら、転入届、住民票の移動、健康保険・年金の変更手続きをします。転居後14日以内に提出しなければなりません。
ライフラインの手続きは、水道・電気・ガスの手続きです。各会社に連絡し、転居後すぐに使えるように事前に連絡をしておきます。ガスは、利用開始日に立会いが必要になりますので、引越しの当日に立会いができるように予約をしておくとすぐに利用できます。
引越しをすると当たり前ですが、住所が変わります。
郵便局に転居届けを提出すると1年間旧住所から現住所に郵便物を転送してもらうことができます。
免許証や、銀行、各種カードなど、住所変更しないとすぐに使えなくなるという訳ではないのですが、利用明細や金融機関からの各種案内書類が届かなくなってしまうことがありますので、変更手続きは忘れないうちにしておくといいです。住所を変更しないといけないものが意外にたくさんありますので、契約しているものなどをもう一度確認してみるといいでしょう。